ERP Laptop on table. Warm tone

「SE16」と「SE16N」の違いはデータ更新ができるかどうかの違い

トランザクションコード「SE16」は、データブラウザ機能であり、テーブルデータの照会ができる機能です。一方、「SE16N」は新しいデータブラウザ機能であり、テーブルデータの照会だけでなく、テーブルデータの直接更新ができる機能です。

Aテーブルなどで直接テーブルの値を書き換えて、テスト検証したい場合など、作業効率を考えると「SE16N」を日常的に利用したほうが便利そうです。